チャネリングとリーディングの違い

チャネリングとは?当たる無料占いランキングNo1はココだ!

一押し!オススメ無料占いサイト!

占い

チャネリングとリーディングの違い

電話占いやメール占いのサイトには、必ず占い師のプロフィールがのっています。

そこには、得意としている相談分野と、可能な鑑定方法が必ず記入されていますが、初めて電話占いを利用する方だと、鑑定方法にかかれている専門用語がよくわからないということも少なくないのではないでしょうか。



結論からいうと、鑑定方法はよくわからなくても、実績のある電話占いサイトを利用するなら自分の相談内容に合わせて、得意分野のみで占い師を選んでしまっても全く問題はありません。

ですが、余裕があれば、気になった鑑定方法について調べてみるのもより鑑定に対する信頼感が深まっていいかもしれません。



さて今回は、混同する方の多い「チャネリング」と「リーディング」の違いについて解説したいと思います。

簡単に言うと、チャネリングは「情報を受けとること」、リーディングは「そこにある事象から情報を読み取ること」を言います。

必要なスキルとしては、チャネリングは「つながる」、リーディングは「みる、読み取る」になるといっていいと思います。



チャネリングも、ただつながるだけでは受信した情報を言葉で説明したり、実際に実行したりする段階まで噛み砕けないことも多いのでややこしいところではありますが、いずれにしても高次元の霊的な存在とつながることなしには交信することはできないわけです。



チャネリングの交信相手が、チャネラーや相談者、相談内容によってそれぞれ違うように、リーディングでは読み取る対象が変わってきます。

リーディングの中では、「オーラ・リーディング」が1番ポピュラーではないでしょうか。


オーラの色が判別できるくらいではリーディングとはいいません。

相談者のオーラから、相談者が抱えている悩みを解決するために必要な情報を読み取れてこそリーディングです。



リーディングを行う占い師の中には、「守護霊のリーディングをする」という人もいます。

こうなるとかなりチャネリングとの区別が曖昧になってくるのは確かです。

守護霊との対話が含まれるならチャネリング、守護霊の様子をみて情報を読みとるだけならリーディング、となります。



例えば「前世を鑑定できる」という占い師でも、その方法にチャネリングを使う人もいればリーディングを使う人もいて、さらに他の方法を使う人もいます。

先にちょっと触れましたが、占いは占い師を相談者が最終的には信頼できると1番いいので、プロフィールにかかれている鑑定方法をみながら、しっくりくる人を選んでみましょう。


電話占いなら短時間から占えるので、万が一「ちょっと合わないかな」と思った場合でも、すぐ別の占い師で再チャレンジできます。


タロット占い公式
QLOOKアクセス解析